2019年10月23日 健康教室・ゆうゆう大学同時開催

リアルタイム東沢

山形県交通安全協議会の山川榮樹さんをお招きし、交通安全講習会を行いました。

全国でも珍しいといわれる交通安全危険予測シミュレーターを使用し、画面に映し出されたバーチャル空間(VR)の街並みの中で歩行中と自動車運転中の危険を体験しました。

体験された方からは「よっくど右左見で歩がねどわがんねな~。」「夜の運転は思ってるよりおっかね。」などの声が聞かれ、危険を再確認することができたようです。

講習会の後、川西町交通安全専門指導員と川西町交通安全母の会のみなさんが、夕暮れ時の交通事故を防止するため、夜行反射材の積極的な着用を呼びかけました。

今年の交通事故の発生状況は昨年と比べて全体的に減少しているとのことですが、高齢者が関係する交通事故の件数は増加傾向にあるそうです。

日暮れが早くなるこの時期は特に、反射材を活用し交通事故から身を守りましょう。

コメント